エネルギーマネジメントシステムを用いた省エネ補助金
申請コンサルティング会社リスト

このページでは、エネルギーマネジメントシステムを活用し、省エネ補助金申請事業を行うコンサルティング会社2社の特徴と、エネルギーマネジメントシステムの基礎知識を紹介します。

フクシマ
トレーディング

「食の安全機器」から「省エネ」をめざすエネマネ事業者

フクシマトレーディングは、業務用冷凍冷蔵庫やショーケース、製氷機用部品や食品製造機の輸入販売業務を展開。冷凍冷蔵庫や食品製造機の「温度コントロール」を通じて、地球環境保全に貢献しています

フクシマトレーディングは、「Sネット24」を使って冷凍冷蔵機や空調装置の異常を24時間365日監視。現場に設置された「デマンドコントローラー」で電気消費量を「見える化」して、「節電」「CO2削減」をサポートします。

フクシマ
トレーディングの
対応する補助金や
実績について
詳しく見る

ヴェリア・
ラボラトリーズ

「省エネ設備」を通して、
ムダなエネルギーとCO2を
削減するエコマネ事業者

ヴァリア・ラボラトリーズは建築や省エネ設備に精通した企業で、省エネやCO2削減、光熱費削減を支援しています。Energy Information Analysis(EIA:エネルギーの動きを24時間365日分析するシステム)を使い、エネルギーの使用状況を「見える化」。顧客がWeb上から確認できるサービスを展開。エネマネ補助金活用のための申請サポートも行っています。

ヴェリア・
ラボラトリーズの
対応する補助金や
実績について
詳しく見る

アースネットワークス

知識や経験を有するスタッフと申請実績が特徴の会社です

省エネ設備に関する設計、企画、販売及びコンサルタント業務を始めとする多岐に渡るサービスを展開しています。エネマネ事業者であり、「CO2削減ポテンシャル診断事業」の診断機関でもあります。エネルギー診断を始め、適正な補助金獲得のためワンストップで全面サポートを心掛けます。

アースネットワークスの
対応する補助金や
実績について
詳しく見る

そもそもエネルギー
マネジメントシステム
とは

ここでは、エネルギーマネジメントシステムについて解説します。

エネルギーマネジメント
システム(EMS)の定義

エネルギーマネジメントシステムとは、電気・ガス・水道などのエネルギーの消費状況を管理(マネジメント)するためのシステムのことです。

エネルギーマネジメント
システムの流れ

  1. 電気・ガス・水道などのエネルギーの使用状況を様々なツールを使って「見える化」する
  2. 「見える化」したエネルギーの使用量や、ピークなどをツールで分析する
  3. 削減可能な方法を見つけ、エネルギーの無駄使いを防ぎ、経費を削減する

1から3を繰り返すことで、省エネルギーと経費削減の効果が大きくなっています。

採択率・採択数が多い省エネ補助金コンサルティング会社

       

2021年6月20日時点でGoogleにて「省エネ 補助金」「省エネ 補助金 リース」などと検索した際に表示される企業の中から、採択率もしくは採択件数を明示しているものを、それぞれのニーズ別にピックアップしました。

どんな補助⾦
良いのかを
最初から
相談したいなら

当サイトで紹介する
総合的な補助⾦コンサルティング会社の内
採択率を明⽰している中でもっとも率が⾼い

豊国エコ
ソリューションズ
採択率
94%
※令和2年までの全補助金の累積採択数563件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
  • ZEB補助事業
  • SHIFT事業

リースもしながら
省エネ補助金を
受けたいなら

当サイトで紹介するリースを前提とした
補助金コンサルティング会社の内
実績数が最も多い

三井住友ファイナンス&リース
採択率
不明
※令和元年の全補助金の累積採択数342件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
  • ZEB補助事業

並行してエネマネ
考えていきたいなら

当サイトで紹介するエネマネを中⼼とした
補助金コンサルティング会社の内
採択率を明示している中でもっとも率が高い

フクシマ
トレーディング
採択率
100%
※令和元年の全補助金の累積採択数52件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
    ※冷凍冷蔵設備を持つ施設改装の補助金申請に特化
お悩みに合わせた、
おすすめ省エネ補助金申請
コンサルティング会社