省エネトピック

環境保全の取り組みとして、脱炭素化の必要に迫られています。民間企業に関わるトピックを作成しました。今後の企業活動や設備投資の検討にお役立てください。

カーボンニュートラル投資促進税制

カーボンニュートラル投資促進税制が令和3年度税制改正に盛り込まれました。脱炭素化効果がある設備を製造もしくは導入をした場合に税金が優遇される制度です。手続き方法や対象設備について解説しました。

カーボンニュートラル投資促進税制について詳しく見る

中小企業が利用できる太陽光発電の補助金

太陽光発電等の導入について、国が補助金制度を定めています。地方自治体向けの補助金や中小企業向けの補助金を大きな予算枠で用意。企業としての脱炭素化に向けて、設備を導入するチャンスです。補助金の内容をまとめました。

中小企業が利用できる太陽光発電の補助金について詳しく見る

自動車部品メーカーの脱炭素

自動車業界では、電気自動車の整備等、脱炭素の取り組みが急速に進んでいます。対応を迫られているのは自動車メーカーだけではなく自動車部品メーカーも同じです。各社の取り組み事例や国際的な流れなどを紹介しています。

自動車部品メーカーの脱炭素について詳しく見る

省エネ法の改正

2023年4月に改正省エネ法が施行されます。エネルギーの定義が見直されるため、改正後は脱炭素化がさらに進むと予想されます。ここでは、省エネ法の目的と改正の主なポイントを解説しています。

省エネ法の改正について詳しく見る

エネルギー使用量の任意開示制度

令和5年度から特定事業者などを対象に省エネ法定期報告書などの情報を任意で開示するエネルギー使用量の任意開示制度の試行運用がスタートします。ここでは、本制度の概要と任意開示宣言方法などを解説しています。

エネルギー使用量の任意開示制度について詳しく見る

企業による省エネ事例を紹介

省エネに取り組むことで企業は経費を削減できる可能性があります。投資額が気になる場合は、補助金を活用するとよいでしょう。ここでは、企業が参考にしたい省エネの事例と省エネに関係する補助金を紹介しています。

企業による省エネ事例を紹介について詳しく見る

中小企業設備投資税制

中小企業の生産性向上などを図るため、一定の条件を満たす設備投資に対して特別償却、税額控除の適用を認める制度です。ここでは、本制度の概要、対象、対象設備、措置内容などを解説しています。

中小企業設備投資税制について詳しく見る

エネルギー価格高騰の原因と対策

近年目まぐるしいエネルギー価格の高騰には、さまざまな原因があります。エネルギー価格高騰の原因を理解し、適切な対策を取ることで、事業が経営難から逃れることができるかもしれません。本記事では、エネルギー価格が高騰している原因と、その対策について解説しています。

エネルギー価格高騰の原因と対策について詳しく見る

脱炭素経営

日本国内はもちろん、世界中の多くの企業が「脱炭素経営」に向けての取り組みを行っています。脱炭素経営は環境保護に貢献するだけでなく、企業のイメージアップや売上向上につながる可能性があるため、ぜひ積極的に取り組むべき施策です。

脱炭素経営について詳しく見る

省エネの地域プラットフォーム

省エネ法の規制対象外である中小企業等の省エネを促進することを目的とした事業「地域プラットフォーム構築事業」をご存知でしょうか。ここでは、省エネの地域プラットフォーム構築事業について解説しています。

省エネの地域プラットフォームについて詳しく見る

省エネのガイドライン

省エネのガイドラインは国・地方公共団体と業界団体の2つに分けられます。ここでは省エネのガイドラインの内容について紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

省エネのガイドラインについて詳しく見る

企業向けの省エネセミナー

自治体や経済産業局を中心に、企業向けにさまざまな省エネセミナーを開催しています。ZOOMや動画配信で受講できるセミナーも多いため、通常業務の合間に受講できる点が魅力です。本記事では、各団体が開催している省エネセミナーについて解説しています。

企業向けの省エネセミナーについて詳しく見る

病院の省エネ対策とは?

病院のエネルギー消費率は、ショッピングセンターや企業の事務所などと比較してもっとも高いといわれています。病院の規模や診療内容に応じた省エネ対策を継続して行うことで、エネルギー消費率を下げることが可能です。

病院の省エネ対策について詳しく見る

工場の省エネ対策とは?

工場はさまざまなエネルギーの消費が高い場所のひとつです。近年は工場での電力消費率が高まっていて、今後も上昇していくといわれています。経費削減に加え、環境保護に向けた省エネ対策を行うことが求められます。

工場の省エネ対策について詳しく見る

省エネラベルとは?

省エネラベルとは、「省エネラベリング制度」において家庭用電化製品の省エネ性能を表示しているラベルのことです。電化製品の購入時に省エネラベルを確認することで、省エネ性能を比較し、製品選びの参考にできます。

省エネラベルについて詳しく見る

省エネ法における定期報告書とは?

省エネ法において指定された事業者は、毎年度ごとにエネルギー使用量を報告する「定期報告書」の提出が義務付けられています。使用したエネルギーを所定の計算方式で計算し、提出するものです。定期報告書を提出しない企業は、50万円以下の罰金が課せられます。

省エネ法における定期報告書について詳しく見る

2025年から義務化する省エネ基準適合とは?

2025年4月に、すべての建築物や住宅において省エネ基準適合が義務付けられます。建築の過程で適合性審査が行われるため、建築会社や工務店の負担が大きくなるようです。これまでとの変更点を理解し、施行後は速やかな対応が求められます。

2025年から義務化する省エネ基準適合について詳しく見る

ホテルの省エネ対策とは?

ホテルは24時間365日稼働しているため、その分消費電力も多くなってしまいます。しかし、よく使用する照明をLEDにする、客室清掃時には照明を消すなどの小さな対策が大きな省エネにつながります。

ホテルの省エネ対策について詳しく見る

学校の省エネ対策とは?

学校は全国に数多くある分、省エネを行うことで大きな効果が期待できます。消費エネルギーのうち大きな割合を占める照明や、空調などから対策を行うとよいでしょう。

学校の省エネ対策について詳しく見る

スーパーマーケットの省エネ対策とは?

年間営業日が360日以上の店舗が多いスーパーマーケット。照明や冷凍・冷蔵など、常にさまざまなエネルギーを消費しています。商品陳列の工夫や定期的な清掃などが省エネ対策として有効です。

スーパーマーケットの省エネ対策について詳しく見る

コンビニエンスストアの省エネ対策とは?

多くの店舗で24時間営業となっているコンビニエンスストアは、ほかの業種に比べて、エネルギー消費原単価が大きいのが特徴です。消費エネルギーのうち多くの割合を占める、ショーケースや照明、空調の対策が有効になります。

コンビニエンスストアの省エネ対策について詳しく見る

百貨店の省エネ対策とは?

百貨店では、空調やディスプレイの白熱灯、食品廃棄物の処理にエネルギーが多く使われています。使用していないプラグは抜く、過度な照明は間引くなど、お客様の安全を確保した上での節電のほか、地域のフードバンクと連携した食品ロスの対策などが有効です。

百貨店の省エネ対策について詳しく見る

飲食店の省エネ対策とは?

1店舗の規模は小さいですが、業界全体で省エネ対策を行えば、国内で大きな削減となる飲食店。空調の定期的な清掃、照明スイッチをこまめにオフ、冷蔵庫の扉の開け閉めを素早く行うなど、小さな積み重ねが全体の省エネにつながります。

飲食店の省エネ対策について詳しく見る

データセンターの省エネ対策とは?

データセンターではさまざまな機器に加え、空調設備も稼働させ続けなければならないことから、多くの電力を使用します。効率的な冷却システムを採用したりAIを活用したりして適切に省エネ対策に取り組んでいかなければなりません。

データセンターの省エネ対策について詳しく見る

物流施設の省エネ対策とは?

物流施設で特に電力を使用している部分といえば、空調と照明です。しかし、どちらも物流施設にとってなくてはならないもの。そこで、電気の使用方法を見直したり、LED照明に切り替えたりするだけでも省エネ対策に繋がるでしょう。

物流施設の省エネ対策について詳しく見る

美容院の省エネ対策とは?

美容院では、照明のほか空調や換気扇、シャワー、促進器などさまざまな場面でエネルギーを使用しています。美容院のエネルギー消費にはどういった特徴があるのか、効果的な省エネ対策に取り組むにはどうすれば良いのかなどを紹介します。

美容院の省エネ対策について詳しく見る

銀行の省エネ対策とは?

銀行の消費エネルギー量は多く、その中でもほとんどを占めているのが電力です。そのため、節電のための取り組みを行うことが省エネにつながります。銀行のエネルギー消費の特徴や、無理なく実践しやすい省エネ対策を紹介します。

銀行の省エネ対策について詳しく見る

アパレル業界の省エネ対策とは?

アパレル業界では、洋服の生産工程や廃棄の際にエネルギーが消費されています。大量生産・大量消費により、環境への負荷が問題視されているのが現状です。これからの時代を変えるために、アパレル業界全体が一丸となり、環境への負荷を見直しながら丁寧な服作りを行うことが求められています。

アパレル業界の省エネ対策について詳しく見る

ドラッグストアの省エネ対策とは?

ドラッグストアは店舗数の増加や営業時間の延長、取り扱う商品の多様化に伴って、エネルギー消費量も増加の一途をたどっています。電力削減を中心として、照明を間引きする、空調の設定温度を調整するなどしながら、少しずつエネルギー消費量を減らしていきましょう。

ドラッグストアの省エネ対策について詳しく見る

介護施設の省エネ対策とは?

介護施設は、利用者の増加に伴いエネルギー消費率もアップしています。入居型の施設は24時間365日体制で稼働しており、電気・ガスなどを含めたエネルギー全般を多く消費しています。介護施設の利用者への働きかけや、使用している設備の入れ替えを検討し、省エネ対策を行いましょう。

介護施設の省エネ対策について詳しく見る

遊技施設の省エネ対策とは?

遊技施設は空調が効いていて明るい電気がついており、遊具もキラキラと光り輝いているため、消費エネルギー量が多い施設です。省エネ対策を進めるために、まずは必要なエネルギーを明確にしましょう。そして必要ないと判断された部分は、できるだけ使わない努力が必要です。

遊技施設の省エネ対策について詳しく見る

採択率・採択数が多い省エネ補助金コンサルティング会社

       

2021年6月20日時点でGoogleにて「省エネ 補助金」「省エネ 補助金 リース」などと検索した際に表示される企業の中から、採択率もしくは採択件数を明示しているものを、それぞれのニーズ別にピックアップしました。

どんな補助⾦
良いのかを
最初から
相談したいなら

当サイトで紹介する
総合的な補助⾦コンサルティング会社の内
採択率を明⽰している中でもっとも率が⾼い

豊国エコ
ソリューションズ
採択率
94%
※令和2年までの全補助金の累積採択数563件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
  • ZEB補助事業
  • SHIFT事業

リースもしながら
省エネ補助金を
受けたいなら

当サイトで紹介するリースを前提とした
補助金コンサルティング会社の内
実績数が最も多い

三井住友ファイナンス&リース
採択率
不明
※令和元年の全補助金の累積採択数342件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
  • ZEB補助事業

並行してエネマネ
考えていきたいなら

当サイトで紹介するエネマネを中⼼とした
補助金コンサルティング会社の内
採択率を明示している中でもっとも率が高い

フクシマ
トレーディング
採択率
100%
※令和元年の全補助金の累積採択数52件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
    ※冷凍冷蔵設備を持つ施設改装の補助金申請に特化
お悩みに合わせた、
おすすめ省エネ補助金申請
コンサルティング会社