データセンターの省エネ対策とは?

データセンターの省エネ対策にはどのようなものがあるのでしょうか。本記事では、データセンターのエネルギー消費の特徴と実践したい省エネ対策を紹介します。

データセンターのエネルギー消費の特徴とは?

データセンターとは、ネットワーク機器やサーバーを設置するためにつくられた建物のことをいいます。まずは特徴から紹介します。

エネルギー消費量が非常に多い

データセンターには、たくさんの装置が集結しています。これらの装置を使用するためには膨大な電力が必要です。サーバーを稼働させるために電力が必要となるだけではなく、熱暴走を避けるための空調設備にも多量な電力が使われています。

今後ますますデータセンターが増えていくと予想されている

総務省によると、2021年の日本のデータセンターサービスの市場規模は1兆7,341億円となり、前年比11.6%増でした(※)。

社会のデジタル化に伴い、今後はさらにデータセンターの市場が活性化し、数が増えていくと予想できます。データセンターが増えればそれだけエネルギー消費も増えていくことになるので、データセンター事業者は省エネ対策について検討しなければなりません。

※参照元:総務省(https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r04/html/nd236700.html)

データセンターの省エネ対策

データセンターではたくさんの機器を稼働させなければならないことから、多くの電力を消費するのは仕方がないことといえます。では、どのような省エネ対策があるのでしょうか。

データセンターの場所の変更

各種機器を冷却するための費用を抑えるため、気温が低い場所にデータセンターを設置するのも一つの省エネ対策です。例えば、地上ではなく、海底にデータセンターを設置しているようなケースもあります。冷却に必要な電力を抑えられれば、それだけ省エネに繋がるでしょう。

高効率化につながる機器の導入

それほど電力を使用することなく処理できるようなIT機器や、空調設備を導入するのも効果的です。導入時のコストは高くついてしまいますが、ランニングコストを抑えられるでしょう。

ただし、現在使用している機器を破棄して導入する場合は割高になる可能性があるため、機器の増設時などに検討してみることをおすすめします。

効率的な冷却システムの採用

データセンターで使用する空調機をより効果的なものにすることも省エネにつながります。例えば、水冷・空冷式の冷却システムや局所冷却システムと呼ばれるものです。また、外気冷房を活用した データセンター空調技術もあります。

AIを用いた方法

AIを用いることでこれまでよりも効率的に自動で空調管理できるケースがあります。全体的に空調を稼働させるのではなく、温度が上昇している箇所をピンポイントで冷やすようにすれば、それだけ空調費の節約が可能です。

費用を抑えようとして空調を弱めてしまうと熱暴走などのリスクがありますが、AIを活用できれば安定稼働につなげることもできます。

まとめ

各種機器を稼働させなければならないこともありたくさんの電力を消費するデータセンターではありますが、適切な対策を取ることにより省エネ対策が可能です。現在はまだ実現が難しいものの、将来的に利用できるようになれば大きな節電効果が期待できるようなシステムも研究されています。データセンター関連事業を行っている方は、データセンターで活用できる省エネ対策に取り組んでいきましょう。

以下のページでは、省エネを検討するにあたり、確認しておきたい情報を紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてください。

省エネトピック

採択率・採択数が多い省エネ補助金コンサルティング会社

       

2021年6月20日時点でGoogleにて「省エネ 補助金」「省エネ 補助金 リース」などと検索した際に表示される企業の中から、採択率もしくは採択件数を明示しているものを、それぞれのニーズ別にピックアップしました。

どんな補助⾦
良いのかを
最初から
相談したいなら

当サイトで紹介する
総合的な補助⾦コンサルティング会社の内
採択率を明⽰している中でもっとも率が⾼い

豊国エコ
ソリューションズ
採択率
94%
※令和2年までの全補助金の累積採択数563件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
  • ZEB補助事業
  • SHIFT事業

リースもしながら
省エネ補助金を
受けたいなら

当サイトで紹介するリースを前提とした
補助金コンサルティング会社の内
実績数が最も多い

三井住友ファイナンス&リース
採択率
不明
※令和元年の全補助金の累積採択数342件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
  • ZEB補助事業

並行してエネマネ
考えていきたいなら

当サイトで紹介するエネマネを中⼼とした
補助金コンサルティング会社の内
採択率を明示している中でもっとも率が高い

フクシマ
トレーディング
採択率
100%
※令和元年の全補助金の累積採択数52件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
    ※冷凍冷蔵設備を持つ施設改装の補助金申請に特化
あわせて読みたいページ
お悩みに合わせた、
おすすめ省エネ補助金申請
コンサルティング会社