介護施設の省エネ対策とは?

介護施設は、高齢化社会によって年々増加傾向です。昼夜を問わず電力を消費する施設なので、エネルギー消費に関する課題はたくさんあります。ここでは介護施設のエネルギー消費の特徴や実施するべき省エネ対策を紹介します。

介護施設のエネルギー消費の特徴とは?

生活に必要な電力消費が多い

介護施設は、時間帯問わず電力消費が多い施設です。通所型の介護施設であれば、夜間や早朝といった利用者がいない時間は電力を削減できます。一方で、入所型の介護施設の場合は、時間帯関係なく常に電力を消費し続けています。

日中は利用者が心地よい状態で過ごせるように、エアコンや照明を利用します。また就寝時間になっても、夜勤スタッフがいるスペースは電力を消費。利用者に合わせて時間帯問わず照明をつけたりエアコンを稼働させたりするため、24時間365日、常に電力は必要です。

浴室を利用するためのエネルギーが必要

介護施設の多くは、通所型・入所型問わず浴室があります。利用者が浴室を利用するために、毎回お湯はりをしたりシャワーを使ったりします。給湯には、多くの電気やガスを使用します。介護施設で消費するエネルギーの中でも、給湯で発生するエネルギー量は多いのが現状です。

介護施設の省エネ対策

老朽化した設備の入れ替え

設備が老朽化すると、稼働させるために無駄な電力を消費してしまいます。世間でお省エネの話題が注目され、省エネ効果の高い設備も続々登場しています。

電力の無駄を防ぐために、老朽化設備は入れ替えを検討しましょう。初期投資は必要ですが、長い目で見ると省エネ効果が高く、費用削減にも効果的です。

特に、給湯による電力消費を抑えるために、効率の高い給湯器の採用がおすすめです。エコキュートやエコジョーズなどを使うと、効率的に電力消費量が抑えられます。

省エネへの協力を呼び掛ける

介護施設がどれだけ省エネに取り組んでいても、利用者の協力を得なければなかなか効果が出ません。そこで、居室などでの省エネ協力を全体に呼びかけてみましょう。

点灯時間や消灯時間を決める、空調の使用ルールを決めるなどして、利用者にも協力してもらえるような働きかけが必要です。

ただし、省エネを求めるあまりに利用者に無理を強いるのは危険です。無理な省エネ対策によって、健康に害を及ぼしたり、利用者が不快な思いをしたりしないように気を付けてください。無理のない範囲で呼びかけることを心がけましょう。

また利用者のみならず、利用者の家族にも説明が必要です。

介護施設の省エネ対策を知って取り組もう

介護施設は、高齢者の健康を守るために多くのエネルギーを消費します。高齢化社会に突入した日本では、介護施設も増加しておりエネルギー消費量も増加の一途をたどっています。

できる対策としては、使用している設備の入れ替えや、利用者への省エネ協力を働き掛けることです。まずは利用者がどんな環境であれば心地よく過ごせるかを把握し、必要以上に消費している分はできる限りなくせるように取り組んでいきましょう。

以下ページでは、省エネトピックをまとめて紹介しています。省エネへの取り組みを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

省エネトピック

採択率・採択数が多い省エネ補助金コンサルティング会社

       

2021年6月20日時点でGoogleにて「省エネ 補助金」「省エネ 補助金 リース」などと検索した際に表示される企業の中から、採択率もしくは採択件数を明示しているものを、それぞれのニーズ別にピックアップしました。

どんな補助⾦
良いのかを
最初から
相談したいなら

当サイトで紹介する
総合的な補助⾦コンサルティング会社の内
採択率を明⽰している中でもっとも率が⾼い

豊国エコ
ソリューションズ
採択率
94%
※令和2年までの全補助金の累積採択数563件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
  • ZEB補助事業
  • SHIFT事業

リースもしながら
省エネ補助金を
受けたいなら

当サイトで紹介するリースを前提とした
補助金コンサルティング会社の内
実績数が最も多い

三井住友ファイナンス&リース
採択率
不明
※令和元年の全補助金の累積採択数342件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
  • ZEB補助事業

並行してエネマネ
考えていきたいなら

当サイトで紹介するエネマネを中⼼とした
補助金コンサルティング会社の内
採択率を明示している中でもっとも率が高い

フクシマ
トレーディング
採択率
100%
※令和元年の全補助金の累積採択数52件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
    ※冷凍冷蔵設備を持つ施設改装の補助金申請に特化
あわせて読みたいページ
お悩みに合わせた、
おすすめ省エネ補助金申請
コンサルティング会社