美容院の省エネ対策とは?

美容院経営において、月々の電気代が高額で困っている方はいらっしゃいませんか。本記事では、美容院のエネルギー消費の特徴や効果的な省エネ対策の方法を解説します。

美容院のエネルギー消費の特徴とは?

美容院ならではのエネルギー消費として、以下のような特徴が挙げられます。

業務用製品の消費電力が大きい

業務用ドライヤーは家庭用のものと比較して消費電力が大きいため、その分電気代がかかります。営業日数が多く、お客様の数が多ければ、それに比例する形で電気代がかかってしまうのでしょう。

また、カラーリングやパーマを当てる際に使う促進器も、業務用ドライヤーと同様に多くの電力を消費します。カラーリングやパーマのメニューが中心となっている美容室では促進器の費用も高くつくでしょう。

複数の照明が必要

美容院の照明については、美容師法施行規則第二十七条で「美容師が美容のための直接の作業を行う場合の作業面の照度を百ルクス以上とすること※1」と定められています。手元を照らす照明以外にも、更に店内用の照明が必要になるので、複数の照明器具を設置しなければなりません。電気設備1台当たりの消費電力が多いと、総合的な電気代が高くついてしまいます。

※1 参照元:電子政府の総合窓口(e-Gov)(https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=410M50000100007

常に換気扇を回さなければならない

美容室ではパーマやヘアカラーを取り扱っており、においが店内に充満しないように、常に換気扇を回さなければなりません。そのため、換気扇をあまり必要としない施設と比較すると、換気扇の使用量が多い分、費用がかかってしまいます。

また、換気扇を使用すると窓を開けていると同じような状況になることから、夏場や冬場は外気温の影響を受けやすく、空調の費用が高くついてしまうこともあります。

美容院の省エネ対策

美容室の省エネ対策として何を実践すれば良いのでしょうか。効果的な方法を解説します。

節電に取り組む

必要のない場所の電気は、小まめに消すなどして節電に取り組みましょう。明る過ぎる場所は少し明るさを抑えるなどの工夫も必要です。
また、照明設備が汚れていると光量が落ちてしまうので、定期的な掃除も大切といえます。
LED電球をまだ導入できていない場合はLED電球への交換も検討してみてはいかがでしょうか。

それから、ドライヤーを使う時間を短くするために、しっかりとタオルドライするのも省エネ対策の一つです。業務用のドライヤーの中には、風量があっても消費電力を抑えられる製品もあるので、活用してみてください。

適正に温度管理する

お客様にとって快適な温度になるように管理しましょう。必要以上に店舗を温めたり、冷やしすぎたりするのはNGです。温度計や湿度計を用意して、サーキュレーターも活用しながら温度管理に取り組んでいくのがポイントです。
春や秋はエアコンに頼りすぎずに、窓を開けて温度調整するのも良いでしょう。換気にもなるので、換気扇の電気代を抑えることにもつながります。

給湯温度の調整

シャワーを使う際の温度設定は季節に応じて変化させましょう。常に一定にする必要はありません。適切な温度に設定することで、エネルギー使用量を抑えられます。

まとめ

美容院の省エネ対策について紹介しました。小まめに電気を消すなどの方法は、ちょっとした心がけでできることなので、実践してみてください。

以下のページでは省エネ対策を実践する際に役立つ知識などを紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

省エネトピック

採択率・採択数が多い省エネ補助金コンサルティング会社

       

2021年6月20日時点でGoogleにて「省エネ 補助金」「省エネ 補助金 リース」などと検索した際に表示される企業の中から、採択率もしくは採択件数を明示しているものを、それぞれのニーズ別にピックアップしました。

どんな補助⾦
良いのかを
最初から
相談したいなら

当サイトで紹介する
総合的な補助⾦コンサルティング会社の内
採択率を明⽰している中でもっとも率が⾼い

豊国エコ
ソリューションズ
採択率
94%
※令和2年までの全補助金の累積採択数563件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
  • ZEB補助事業
  • SHIFT事業

リースもしながら
省エネ補助金を
受けたいなら

当サイトで紹介するリースを前提とした
補助金コンサルティング会社の内
実績数が最も多い

三井住友ファイナンス&リース
採択率
不明
※令和元年の全補助金の累積採択数342件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
  • ZEB補助事業

並行してエネマネ
考えていきたいなら

当サイトで紹介するエネマネを中⼼とした
補助金コンサルティング会社の内
採択率を明示している中でもっとも率が高い

フクシマ
トレーディング
採択率
100%
※令和元年の全補助金の累積採択数52件

対応している補助金

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業補助金
    ※冷凍冷蔵設備を持つ施設改装の補助金申請に特化
あわせて読みたいページ
お悩みに合わせた、
おすすめ省エネ補助金申請
コンサルティング会社